NHK受信料お悩み解決


トップ > NHK受信料拒否アイテム > My受信規約

My受信規約



自作の受信規約のサンプルです。
無料契約やお金がもらえる契約内容になっています。



しかし、放送法第64条によると、契約の条項については、あらかじめ総務大臣の認可を受けなければならないと規定されています。 また、第70条によると、契約を締結した者から徴収する受信料の月額は、国会が、収支予算を承認することによって定めることになっています。


ですので、この受信規約で契約をするには、NHKは総務大臣の許可を得たり、国会で承認を得たりしなければなりません。 それまでは、有効ではありませんのでご了承ください。 NHKには是非頑張ってもらいたいところです。


しつこい集金人が来ても、いちいち応対する義務はありませんが、契約交渉の際に、この受信規約を印刷して交渉するのもよいかもしれません。


この自作の受信規約は、現在未契約の方限定の仕様になっています。
現在契約中の方は、ご利用できません。 解約してからご利用ください。




この受信規約は、サンプルですので、ご自身の状況に応じて内容を変更してご利用ください。 実際に使用してみた感想などを教えて頂けると大変嬉しく思います^^)






ダウンロード
  ↓
受信規約 PDF版

テキスト版




PDF版をご利用の場合は Adobe Readerをダウンロードしてからお使い下さい。
テキスト版はそのままMSワード等でご利用できます。



ダウンロードできなかった場合は以下の文書を印刷してご利用ください。
ダウンロード版と同様の内容になっています。








------------------------------------------------------------------

放送受信規約

放送法(昭和25年法律第132号)第64条第1項の規定により締結される放送の受信についての契約は、次の条項によるものとする。

第1条
日本放送協会(以下「NHK」という。)の行なう放送の受信についての放送受信契約 (以下「契約」という。)を分けて、次のとおりとする。
・無料契約 テレビジョン放送についての無料契約
・報酬契約 テレビジョン放送についての放送料受取契約(受信契約者が放送料を受け取れる契約)
受信機を設置した者は契約を締結しなければならない。
契約の種別は受信契約者が選択するものとする。

(契約の単位)
第2条 契約の単位は、受信機を設置した者が決定する。

(契約書の提出)
第3条 受信機を設置した者は、次の事項を記載した契約書を放送局(NHKの放送局をいう。以下同じ。)に提出してもよい。 
(1) 受信機の設置者のニックネーム
(2) 受信機の設置の日
(3) 希望する契約の種類

(契約の成立)
第4条 契約は、受信契約者が契約書に署名した日に成立するものとする。

(放送料)
第5条 NHKは、1の契約につき、その種別に従い、次の表に掲げる額の放送料(消費税および地方消費税を含む。)を受信契約者に支払わなければならない。
・無料契約 無料
・報酬契約 100,000円/月額、 1,200,000円/年額

(放送料の受取方法)
第6条 放送料の受取りは、受信契約者が希望する方法で受け取ることができる。すべての手数料はNHKが負担する。

(受信機の設置等の確認措置)
第7条 NHKは、受信機を設置した者にその設置の旨をNHKに連絡するよう促す文字(以下「メッセージ」という。)を当該受信機の画面に表示する措置をとってはならない。

(氏名,住所等の変更)
第8条 受信契約者が放送局に届け出た情報を変更しても、その旨を放送局に届け出る必要はない。

(契約の解約)
第9条 契約者が解約を希望する場合はいつでも解約することができる。 解約はNHKの同意は必要ない。

(放送料の免除)
第10条 NHKは受信契約者に支払う放送料を免除してはならない。

(NHKの義務違反)
第11条 NHKが放送料の支払いについて不正があったときは、所定の放送料を支払うほか、その2倍に相当する額を割増金として受信契約者に支払わなければならない。

(支払いの延滞)
第12条 NHKが放送料の支払いを延滞したときは、所定の放送料を支払うほか、1期あたり2.0%の割合で計算した延滞利息を受信契約者に支払わなくてはならない。

(NHKの免責事項および責任事項)
第13条 放送の受信について事故を生じた場合は、NHKは、その全ての責任を負う。

(規約の変更)
第14条 この規約は、変更することはできない。

(規約の周知方法)
第15条 この規約は、官報によって周知する。

付 則
(施行期日)
1 この規約は、平成20年10月1日から施行する。

--------------------------------------------------------------------























NHK撃退ツール
NHK関係者訪問等拒否通知書
放送受信機廃止届













(C) 2008 NHK受信料お悩み解決

inserted by FC2 system